NO IMAGE

私が日本語教師になるためには独学ではなく養成講座をおすすめする理由

日本語教師になるのに養成講座に通うべきか独学でいくべきか、迷われている方がいるかもしれません。

その参考に私の考えを書こうと思います。参考になれば幸いです。

まず、独学では「日本語教師になれない」「日本語教育能力検定試験に合格できない」ということはありえないということを前置きとします。

独学でも日本語教師になれますし、日本語教育能力検定試験も合格できます。

私の場合は1年目は独学で勉強が捗らずに試験に落ちてしまった例ですが。

また、あとで触れますが大卒ではないから養成講座は関係がないという方にもおすすめしたいです。

その上で、どうして養成講座をおすすめするのか、説明していきます。

採用の条件

一般的な採用条件はこのような感じになっています。

①日本語教育の主専攻または副専攻を修了
②大卒以上で420時間の養成講座を修了
③日本語教育能力検定試験合格
このことから、多くの方は②の「養成講座をうける」または、③の「日本語教育能力検定試験に合格する」が戦略になってくると思います。
次は私の考えるそれぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。

独学のメリットとデメリット

独学のメリット

独学のメリットはお金と時間の節約です。

忙しい人やできるだけお金をかけたくない人にはとても魅力的な要素です。

参考書と受験料だけだとかなり安上がりです。

今の時代では情報もインターネットで無料で手に入ると考えるともっと安くなります。

養成講座はその名の通り420時間の勉強をしますが、それは最低ラインです。420時間の勉強だと養成講座は修了できても日本語教育能力検定試験に合格できる人は少ないと思います。

そう考えると、丁寧な授業を時間をかけてじっくりと聞くよりどんどん効率よく学習を進めたいという人には合格ラインの知識を身につける時間が圧倒的に抑えられるかもしれません。

次は独学のデメリットをみてみましよう。

独学のデメリット

独学のデメリットは3つあると考えます。

まず、モチベーションを保つことが非常に大変です。クラスメートはいないので一人で勉強しなければならず、わからないことを自分で解決しなければなりません。解決が難しければストレスになってしまい、勉強したい気持ちもなくなってしまうかもしれません。

次に日本語教育能力検定試験の勉強は基本的に合格するための勉強になるので、合格するためにはいいのですが、その後の合格した後の教壇に立つ練習はできません。もちろん検定試験には知識としての知識はありますが、なかなか実践としての知識は身につきにくいと思います。

そして、独学にすべての情熱を傾けてしまうと万一試験に合格できなかったら次の機会まで1年も待たなければなりません。これはかなり大きいと思います。できるだけ早く日本語教師になりたいという人には大きなデメリットでしょう。

養成講座のメリットデメリット

独学と比べると、養成講座はメリットもデメリットも大きくなる印象です。みていきましょう。

養成講座のメリット

養成講座のメリットはかなり多いと考えます。

まずその1つ目は仲間ができるということです。

仲間がいるといっしょに頑張ろうと思えるのは当然ですが、わからないことを教え合ったりできるのでモチベーションが高まります

また仲間がいるということはつながりが増えるということなので、情報がよく入ってきます。例えば日本語関連のセミナーの存在を教えてくれたり、養成講座卒業後に散り散りになった仲間から日本語学校の情報を手に入れたりと情報交換の場が圧倒的に増えます

次に養成講座ならではのサポートを受けることができます

講師の方々に質問をすることができるというのもサポートですし、私が受けた養成講座では、日本語学校の紹介や就職活動のサポートや無料セミナーやDVDで追加学習などができたりとかなり充実したサポート体制にが整っていました。

そして忘れてはいけないのは、模擬授業が受けられることです。

実際に教案をつくり、それを修正してもらったり、実際に外国の方を学生として授業を行うことは成功失敗にかかわらず大きな経験値となります。実際に働き始めたらこのように教えるのかと具体的に確かめることができます。

最後に当たり前なんですが、420時間の養成講座修了証がもらえるということです。

大卒の人であれば、修了したら確実に採用の応募条件を満たすことになります。

養成講座のデメリット

独学のメリットがそのままデメリットになります。

お金と時間の節約です。独学の時とは別の例で見てみます。

養成講座はだいたい50万円ほどかかってしまいます。一般的に1年で修了する方が多いので、月額にいくらか計算すると、4万円ちょっとという感じです。

さらに住む地域によっては交通費もかかります。近くに養成講座が受けられる場所があるとは限りません。その場合は車屋電車を使う人もいるでしょう。例えば電車で往復600円なら週に3回行くとしても、単純計算で1年で9万円近くかかります。

また通いとなると、通学に30分だとしても、1年だと70時間くらいかかってしまいます。

金銭面でも時間面でもこれは大きなデメリットです。

結論

メリットとデメリットを見てきましたが、私の決め手は仲間の存在です。

今の時代、これからの時代は情報がとても大事です。知識はインターネットでいくらでも無料で手に入ります。しかしながら信頼できる仲間との情報やつながりは簡単には手に入りません。

養成講座で学んだ知識は忘れてしまうかもしれませんが、仲間に関しては何年経っても困ったときには助け合えます。私もいろいろな日本語学校や専門学校や技能実習生へのの日本語教育などの話を聞けたり、実際に教え始めた時に文型の分析がうまくいかないときにも助けてもらうこともできます。

これが私自身が養成講座に行って良かったと思える1番の理由です。

この理由があるからこそ、大卒じゃなくても420時間の養成講座をおすすめします。

そして確実にもらえる修了証も大きいですよね。

私の場合は留学を終えてからできるだけはやく働きたかったので、確実に働けるように養成講座を選びました。

少々言い過ぎになってしまうかもしれませんが、仲間と確実な修了証以外はおまけのようにさえ思えます。

おわりに

もう一度繰り返しますが、独学を否定しているわけではありません。

独学は一般的には難しいとされているだけで、素晴らしい結果を残せる人もたくさんいます。

そして、確実に修了証がもらえるからと言って、自己学習を疎かにしたり、遅刻が常習になっていたり、後ろの席で居眠りするようならば、それは本当にもったいないことです。

実際に私はそのような人を見かけたことがあります。

今ではオンラインでも養成講座を受けられるところもあるようです。実際に受けたわけではないのでわからないことが多いのですが、どうなのでしょうか。上記の理由から通いの方がいいのかなと思ってしまいます。

みなさんは独学と養成講座、どのように考えますか。

少しでも何かみなさんの参考になれば幸いです。

 

 

 

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!