IPAとは何ですか?

今日はIPAについてみていきます。

一度音声を勉強したことがある方は、アルファベットでもないよくわからない記号を見かけたことがあると思います。「ɲ」「ɸ」「ŋ」などがあります。

例えば英語が苦手な人は、英文のアルファベットを見ただけでアレルギー反応が起こってしまうかもしれません。

アルファベットですらそうなるのなら、例えば、مرحبا هناكのような言葉や文を見てしまった暁には、どうなることでしょう。

1つならともかく、たくさんの知らない記号が登場すると、脳に大きな負担がかかってしまい、見たくもなくなってしまうことってありますよね。そんな理由からこの分野が苦手な人も多いと思います。

でも理解してしまえば、とても興味深く、外国語に興味を持つ人にとって大きな利益になるのでぜひ楽しんでいってください。

IPAとは

IPAとはInternational Phonetic Alphabetの頭文字をとったものです。

 

国際音声記号ともいいます。『国際的な』音声記号というくらいなので、どんな言語でも発音できるようになる記号というイメージです。IPAさえ知っていれば、理論的には英語だろうが、韓国語だろうが、ロシア語だろうが、正しく発音できるようになる記号です。

 

英語の辞書で、Englishと引いたとしましょう。Englishの綴りの近くに/ɪŋglɪʃ/というものを見つかると思います。これがIPAの表記です。

この/ɪŋglɪʃ/を正しく読むと、ネイティブのようにEnglishと発音ができます。

しかし、このIPAを知らないで、綴りを頼りにローマ字のように読むとエングリッシのように呼んでしまいます。←さすがにこの単語をこう読む人は少ないと思いますが。

 

次は、islandという語を見ると、日本人はよく「イスランド」と呼んでしまいます。しかし、実際は/ɑɪlənd/となり、日本語で言うなら、「アイランド」となり、綴りからでは読み方まで分かりません。

 

それでは韓国語で英語という意味は、영어という単語で表されるようです。韓国語に馴染みのない人には、文字からでは、どう発音してよいか見当もつきません。そこで、영어のIPAは/jɔŋɔ/と書くそうです。よってIPAが読めれば、この영어はわからなくても、/jɔŋɔ/を読むことでこの単語を発音できるわけです。

 

つまり、言語の綴りがわからなくても、その単語のIPAさえ分かれば、その単語を発音できてしまうというものです。

 

それでは、本題です。日本語が全くわからない人が日本語を発音しようとしています。我々は日本人ですから、「あ」や「そ」などの文字を見て、簡単に正しく発音できます。しかし、日本語の知識がない、または浅い人は、「あ」や「そ」の文字を見てもどう発音するか全くわかりません。

 

なので日本語の知識がなくとも発音できるようになるIPAというものが必要になります。つまり、「あ」から「ん」まですべて対応するIPAがあります。そしてそのうちの多くは難しくないのですが、いくつか全く馴染みのない記号があるため、勉強するためのやる気を削いでしまいます。

「あ」から「ん」まで一般的には、46個、「きゃ」や「ば」などを含めるとさらに多くなります。それらすべてに対応するIPAがありますから、そんなに覚えないといけないの?となってしまいますが、しっかり見ていけばそんなに大変ではありません。頑張ってみていきましょう。

おわりに

今回はIPAの仕組みについておおまかに書いてみました。たまたま僕は留学中に英語のIPAの基本を学んでいたため、この記事を書くことができました。

母語が日本語の僕たちにとっては、日本語のIPAを勉強する必要はありません。しかし、教師になって教えるならば話は別です。学習者によっては、感覚ではなく客観的にどう発音しているか知りたい人もいると思います。そのため、面倒かもしれませんが、しっかりIPAの表記を知っておいて損はないと思います。

また、ある一つの言語のIPAがわかるようになると、他の言語にも共通している音がたくさんあることに気づくと思います。外国語の発音の上達にも繋がると思うので、とても興味深い内容のひとつだと思っています。

今までは、調音点や調音法など具体的にはあまり触れませんでしたが、次回からはIPAなどと合わせて具体的にみていきたいと思います。

頑張っていきましょう。

 

最新情報をチェックしよう!