【五十音と音声⑦】ヒとフ

今回は「ン」以外の「ヒ」と「フ」の二つを扱います。

あと少しですから、頑張っていきましょう!

この記事は前提知識として、調音点、調音法、IPA(国際音声記号)の知識が必要です。
わかりやすく解説しているので、以下の記事を参考にしてみてください。
 
調音点について

さて、今回は子音について勉強していきましょう! と言いたいところですが、その前にいくつか用語を確認していきたいと思います。 音声を勉強していて挫折してしまう理由の一つは用語の多さなので、丁寧にみていくべきです[…]

調音法について

今日は調音法の種類をみていきたいと思います。 調音法とは、どうやって妨害するかということでした。 今回は具体的にどうやって息を妨害するのかを見ていきいます。 6種類あるので、1つずつていねいにみていきましょ[…]

IPAについて

今日はIPAについてみていきます。 一度音声を勉強したことがある方は、アルファベットでもないよくわからない記号を見かけたことがあると思います。 「ɲ」「ɸ」「ŋ」などのようなものです。 英語を頑張って勉強した人なら、「[…]

 

ハ行の「ハヘホ」は調音点が声門でした。口の中が調音点というより、口の奥でした。それゆえ、調音点が摩擦音だと言われてもあまり実感が湧きませんでした。

そして「ヒ」はイ段の音なので、その口蓋化の影響で、調音点が硬口蓋に変わります。他はかわらかったので、変わらずに無声音・摩擦音ですね。

どうして声門の音が口蓋化で硬口蓋に変わるのかはわかりませんが、

そして「ヒ」のIPAの記号は [çi] と書きます。

ç

アルファベットの「C」の下から顎ひげのようなものが生えていますね。

ヒゲの「ヒ」と覚えましょう。

 

他のハ行の記事はこちらから

今回は、ナ行の一部と、ハ行、バ行、パ行の一部を一気に終わらせてしまいましょう。 今回も『一部』なので、例外は排除してありますので、そんなに大変なところはないと思われます。 なのでサクッと進めちゃいましょう。   […]

「フ」は変わり者です。「ハヘホ」とかわらず、無声音、摩擦音なのですが、調音点は声門でも、硬口蓋でもありません

調音点はどこだと思いますか?

ヒントは摩擦音ですから、とある場所を狭くして空気を摩擦させている訳です。

発音してみるとわかるかもしれません。「ふ」と言ってみましょう!

わかりましたか?・・・そうですね。答えは両唇です。

実際に発音してみるとわかりますが、例えば、誕生日のケーキのろうそくを吹き消す時の「フーッ」のときも両唇が近づきますね。

そして調音点が違いますから、IPAの記号も変わります。

「フ」は [ɸɯ]と書きます。

ɸ

僕はこの形が果樹園の地図記号、そうでなくとも果物に似ていると思うので、『フ』ルーツの『フ』と呼んでいます。

 

他のハ行の記事はこちらから

今回は、ナ行の一部と、ハ行、バ行、パ行の一部を一気に終わらせてしまいましょう。 今回も『一部』なので、例外は排除してありますので、そんなに大変なところはないと思われます。 なのでサクッと進めちゃいましょう。   […]

まとめ

「ヒ」「フ」は以下のようにまとめられます。

おわりに

今回はサクッと説明できました。

「ヒ」「フ」もなかなかの変わり者ですが、口蓋化がおかしすぎたおかげでそんなに難しくなかったかもしれません。

さて、次はいよいよ最後の「ン」です。すこしややこしいですが、とても楽しめると思います。

 

 


参考にした本

最新情報をチェックしよう!