言語記号の特徴①〜能記と所記〜

言語とは

私たちがが普段から使っている言語というものは、音声と文字に分けられます。

一般的には音声が1次的で、文字は2次的だと考えられています。

これはどういう意味でしょうか。

私たちの日常生活では、様々なところから日本語(音声)が聞こえてきます。

テレビやラジオ、そして街を歩いていても、耳を傾けると必ずと言っていいほど日本語が聞こえてきます。

文字も同様で、テレビを見ても、携帯電話を見ても、電車に乗っても文字を見ることになりますね!

どちらも同じくらい耳や目にしますが、

1次的、2次的というのはどちらが優れているという意味ではなく、

「次(つぎ)」という漢字が使われていますから、

「順番」を表していると考えます。

ですから、1次的は最初に、2次的はその次にという意味だと考えることができます。

赤ちゃんがどうやって言葉を覚えていくかということを考えると、

まず、話せるようになってから、言葉を読んだりできるようになりますので、

音声が1次的、文字が2次的(に獲得するもの)だと考えれば、分かりやすいと思います。

言語が持っている性質その①:能記と所記

それではその言語はどのような性質を持っているのでしょうか。

性質はたくさんあるのですが、今日はその一つである「能記」と「所記」を見ていこうと思います!

「+」という記号があります。

これは「+」の形を見ると、「足し算の足す」の意味であるとわかりますね。

このように、記号には形(+)と意味(足し算の足す)の2つの側面があります。

そして、言語も記号の一種であるということができ、

スイスの言語学者、ソシュール形のことを「能記」、意味のことを「所記」と言いました。

ちなみに能記は「シニフィアン」、所記は「シニフィエ」とも呼ばれ、先ほどの記号は形と意味2つを持っている性質を「記号の二面性」と呼びます。

ただでさえ、言語学という難しそうな学問に加えて、カタカナ語や普段全く使わない漢字の用語が出てきて、

抵抗がある人も多いと思います。私もそうです。もうちょっと具体的に見ていきたいと思います。

形(能記)とは人間が近くできるもの、つまり、見えたり、聞こえたり、触れたりするもののことです。

ということは、逆に意味(所記)とは見えない、聞こえない、触れないもののことです。

例えば、

踏切の遮断機が下りる音は、カンカンという音が聞こえるので、能記であり、そしてただカンカンという音が聞こえるだけでは意味はなく、雑音に過ぎません。

しかし、実際は「もうすぐ電車が来ますよ。踏切を渡らないでください」という意味がカンカンという音にはあります。この意味が所記にあたります。

このように例を自分で見つけてみると理解力もあがるはずです。

ちなみに

「形、能記、シニフィアン」と「意味、所記、シニフィエ」と理解はしても覚えるのは大変です。

どっちがどっちだっけとなってしまいます。

私は

「カタチ→3文字→長い→シニフィアン(6文字)」

「イミ→2文字→短い→シニフィエ(5文字)」

と覚えました。

「能記=のうき=3拍→ながい→シニフィアン」

「所記=しょき=2拍→みじかい→シニフィエ」

でもいいかもしれませんね。

使えそうだと思ったら、使ってみてください。

 

まとめ

音声:1次的 文字:2次的

<ソシュールによる言語の性質>
能記(シニフィアン)・・・形のこと
所記(シニフィエ)・・・意味のこと

おわりに

言語学の内容に入っていきますが、カタカナ語の多さ、内容の複雑さなど、わからなくさせる要素がたくさんあります。

内容的に苦手意識を持つ方も多いと思います。私もそうです。ですが、勉強次第では苦手な人が多い分野では差をつけられます。

ちょっとずつでいいので、理解していきましょう。

 

 

ヒューマンアカデミー著(2018)『日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド 第4版4刷』SHOEISHA

 

最新情報をチェックしよう!