子音の勉強の前に

さあ、子音を勉強していきましょう!

と言いたいところですが、その前にいくつか用語を確認していきたいと思います。

音声を勉強していて挫折してしまう理由の一つは用語の多さなので、丁寧にみていくべきですし、一気に勉強すると疲れてしまうので、少しずついきましょう。

口の中の用語

まず、上の図を見てみてください。今後子音を勉強するときに、必ずみることになる顔の断面図のようなものです。

上から、鼻、鼻の穴があり、唇を通って、顎、喉と並んでいるのが、わかりますか。わからなければ、この顔は、左を向いている人といえばわかりやすいでしょうか。

音を出す上で大切なのは、鼻や、口なので、その周辺の用語が多いです。

図には色々用語が近い場所に集まっていますが、この名称はここからここ、ここが境界だと神経質になるのではなく、なんとなくこの辺かなと思いながら進めるといいと思います。

口先から順にみていきましょう。

両唇

まず、口先にあるのは、両唇です。両唇とは、文字通り両方の唇と書くように、上唇と下唇の両方のことです。

簡単には、唇ということです。

「パ行」をいう時に両唇がくっ付いていますよね。

歯茎

通称読み方は「しけい」のようです。漢字は「はぐき」と同じですね。

音声の勉強では、上の歯のすぐ裏の感覚です。

実際に、「ラ」、「タ」、「ナ」などを言ってみると、舌先がこの歯茎に触れるのがわかると思います。

そこが歯茎です。

硬口蓋

口先から順と言いましたが、少し順番を変えます。歯茎硬口蓋を飛ばして、硬口蓋です。

硬口蓋とは、文字通り、硬い口の蓋(ふた)と書くので、上の絵を見ればわかりやすいですが、舌のある下顎に蓋をしているように見えませんか。口に蓋をするので口蓋です。

その口蓋が硬いので硬口蓋です。というのは、骨があるため硬いんだそうです。

試しに舌をまず歯茎に当ててくでさい。そのまま奥に進むように上側を舌でなぞってみてください。同じような硬さがしばらく続くと思います。

そこが硬口蓋です。

歯茎硬口蓋

さて一つ戻って、歯茎硬口蓋です。これは、歯茎側にある硬口蓋という意味です。

硬口蓋歯茎硬口蓋歯茎歯茎硬口蓋の境界はどこと聞かれてもわかりにくいのが個人的な感想ですが、まずは、口先から、歯茎歯茎硬口蓋硬口蓋の順にあるという風に思っていただければ良いのかなと思います。

ちなみに今はわからなくても問題はないのですが、「た」「ち」「ひ」を順に口に出したとき、息がぶつかるような感覚が順に後ろになっていく感覚がわかるでしょうか。その位置が順に、歯茎、歯茎硬口蓋、硬口蓋です。

軟口蓋

硬口蓋は硬い口の蓋でしたが、今度は、軟口蓋ですので、軟らかい口の蓋ですね。骨が無くなるからです。

先ほど硬口蓋の時に、舌で奥に向かってなぞるとしばらく同じ硬さが続くと言いましたが、もっと奥にいってみてください。急に軟らかいらかいところにあたりませんか。オススメは口を大きく開きながらやると見つけやすいです。

そこが軟口蓋です。

「カ行」をいう時どこか後ろの方で音が出ていると感じませんか。そこが軟口蓋です。

口蓋垂

まず、口蓋垂は今までの他の用語と比べ、格段に重要度は下がりますが、触れておきます。

口の蓋である口蓋が垂れているから、口蓋垂です。

口を大きく開けた時、なにかぶらーんと垂れているものはありませんか。

そうです。いわゆるノドチンコのことです。

声門

声の門です。門が閉まっていたら、入れません。門が開いていたら、中に入ることができます。

人は話す時、声帯を使います。声帯を開けたり、閉めたりして、息を量をコントロールします。よってこの声帯の隙間のことを声門と言います。息が入るか、入れないかはこの門次第ということですね。

おわりに

今回は、子音を勉強する時に必須な用語の一部を勉強しました。いきなり子音を勉強しても、情報量が多くなるため、用語の一部を先にみてみました。

ちなみに、今回みた口の中の用語には、もっと細かくいろんなテキストでもテキストでも分けてあったりしますが、僕は日本語で使うものをメインで取り扱っています。

 

 

猪塚恵美子・猪塚元著(2018)『日本語の音声入門 解説と演習 全面改訂版』バベルプレス
ヒューマンアカデミー著(2018)『日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド 第4版4刷』SHOEISHA

 

最新情報をチェックしよう!