五十音と音声③

今回は、ナ行の一部と、ハ行、バ行、パ行の一部を一気に終わらせてしまいましょう。

今回も『一部』なので、例外は排除してありますので、そんなに大変なところはないと思われます。なのでサクッと進めちゃいましょう。

ナ行

今回扱うのは、「ナ、ヌ、ネ、ノ」の4つです。

ナ行は全て有声音です。そして「ナ、ヌ、ネ、ノ」の調音点は歯茎で、調音法は鼻音になります。

調音点はまた歯茎ですね。舌先で歯の裏に当て、鼻音なので、鼻から息を通します。そして舌を歯茎から離して発音します。試しに鼻をつまんで「ナヌネノ」をいってみると鼻音の再確認ができますね。鼻をつまむと当然鼻から空気が出ないので、「ナヌネノ」を言おうとすると同じ有声音で歯茎を使うダ行などのような音に聞こえると思います。

IPAはローマ字と同じで、[na nu ne no] です。

簡単ですね。

ハ行

ハ行はもっとも特殊な音のうちの一つです。「ハへホ」です。

ハ行は無声音、調音点は声門、調音法は摩擦音です。

ハ行なだけに、はぁ?って感じですよね。「ハへホ」はとても独特で、調音点が声門というのが他にはないです。

調音法も摩擦音ということですが、あまりサ行の時と比べて摩擦感がありません。声門のあたりで摩擦が起こっているのかなと思っても、声門が喉の奥にあるため、実感できません。

いつもならここで顔の断面の絵を載せるのですが、声門が奥で、変化もわかりずらいので載せません。というか描けません笑。参考書にも絵として載ってなかったので絵として覚える必要はないと思います。

なので、なんか喉の奥で調音していて、そこは声門と呼ばれ、そしてそれは摩擦による。ような程度で問題ないと思います。ちなみに、ハ行は今回は扱いませんが、「ヒ」や「フ」の方が出やすいと思います。

IPAもこれまたローマ字とおなじなのでわかりやすいでしょう。

「ハヘホ」は [ha he ho] です。

バ行・パ行

特殊だったハ行とは打って変わって、バ行、パ行はシンプルです。

バ行とパ行は一部ではなくすべて扱います。そして先に言いますが、IPAもローマ字と同じなので、単純です。

まず、バ行の子音はすべて有声音です。調音点は両唇、調音法は破裂音です。

破裂音なので、口の中に空気を溜めて、一気に解放し発音しますね。口が開いていたら空気は溜まらないので、バ行とパ行は上下両方の唇、つまり両唇で封鎖します。完全に封鎖して空気を貯めるので、鼻にも空気が行かないよう封鎖しているのに注意してください。

パ行については、無声音になるだけで、調音点、調音法は変わらずに両唇破裂音です。

IPAも上で言った通り、ローマ字通りで、

[ba bi bɯ be bo][pa pi pɯ pe po] です。

単純です。

まとめ

「ナヌネノ」・・・有声音、調音点は歯茎、調音法は鼻音。 [n]

「ハへホ」・・・無声音、調音点は声門、調音法は摩擦音。[h]

バ行・・・有声音、調音点は両唇、調音法は破裂音。[b]

パ行・・・無声音、調音点は両唇、調音法は破裂音。[p]

おわりに

いかがでしたか。ハ行は少し特殊でしたが、その他は、何度も出てきている用語が多かったので理解しやすかったのではないでしょうか。

コツとしては、頭に入れながら実際に発音してみて体に染み込ませるということです。正直な話、用語なんてわからなくても、ここを使ってこう発音するんだよと体で分かっていれば指導はできるわけですからね。

さて、今回までに制覇した音です。

 

もう半数を終えました。あともう少しですね。

頑張っていきましょう!!

 

 

猪塚恵美子・猪塚元著(2018)『日本語の音声入門 解説と演習 全面改訂版』バベルプレス
ヒューマンアカデミー著(2018)『日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド 第4版4刷』SHOEISHA
最新情報をチェックしよう!