五十音と音声⑥

さあ、今回からは今まで例外としてきた音に触れていきたいと思います。

といっても、数はそんなにありませんので、気楽に見ていきましょう。

口蓋化

まず例外に触れるためには、この口蓋化というものを説明しなければなりません。口蓋化は硬口蓋化とも言います。イ段の子音を言うときに、イを発音するために子音の音に影響がでることです。

どういうことでしょうか。わかりにくいですね。

日本語は母音と子音とがセットになっていて、子音を発音してから母音を滑らかに発音します。例えば、「タ」は子音の「t」と母音の「a」からできていますが、「タ」と言うとき、t の「トゥ」と「ア」を別々に言いません。「トゥ」と「ア」を滑らかに繋げていうことで「タ」と聞こえます。イ段を発音する時は、子音の音を作る時すでに「イ」の音を作る準備が始まっているため、音が少し変わってきます。

なぜ子音を作るとき、すでに準備が始まっているのでしょうか。

母音の勉強をしたとき、「イ、ウ」は高母音と言うことを勉強しました。舌を高く盛り上げればなりませんでした。普段舌は下顎にある状態ですから低い位置にあります。元々の位置に近いので低母音や中母音の「アエオ」は子音を発音してからでも十分間に合いますが、高母音の「イ」は高く舌を盛り上げなければなりませんから、子音を発音してからじゃ間に合いません。だから子音を作りながら舌の準備をしなければならないわけです。その影響によって子音の音が少し変わってくると言うことです。舌が「イ」の準備をする。「イ」は硬口蓋へ向かって舌が盛り上がることでしたので、これを(硬)口蓋化と言うわけです。

いままでの中で例外はイ段に集中していたことに気づいたしょうか。その理由はこの口蓋化によって、音が変わるからなんですね。どう音が変わってくるかと言うと、硬口蓋で「イ」を発音したいわけなので、子音の調音点が硬口蓋へ近づくというイメージでいいと思います。

口蓋化には3パターンあります。

1つ目は、両唇音のように舌をあまり使わない音は、子音を出す時中舌が硬口蓋へ盛り上がるため、音に影響が出ます。

2つ目は、歯茎音のように舌を使い発音する音は、子音を調音するために舌をたくさん動かさなければらないため、調音点が歯茎から一つ硬口蓋へずれた歯茎硬口蓋になります。

3つ目は軟口蓋音のように硬口蓋の後ろに調音点があるものは、同様に硬口蓋へ調音点がずれますが、そのズレが軟口蓋からでないため、結果として調音点は変わりません。

調音点が変わるのは2つ目であって、1つ目と3つ目は調音点が変わらずに音に少し影響がある程度です。そして口蓋化されましたよということを伝えるため、正式には、jの記号を右上において使います。これが口蓋化です。

例えば、[bi]は正確には[bʲi]と表されます。

ですが、日本語では必ず口蓋化が起こることから、この口蓋化の記号(ʲ)は省略されることが多いようです。

口蓋化と五十音

具体的にみていきましょう。

1つ目は両唇音でしたから、[m]、[p]、[b]のイ段は、[mʲi]、[pʲi]、[bʲi]と表します。

3つ目の軟口蓋音の[k]、[g]も同様に、[kʲi]、[ɡʲi]と表します。

ただし、先ほども書いたように、この「ʲ」の記号は書かれないこともあり、省略されていることも多いです。

よって、1番目と3番目は結局[mi][pi][bi][ki][gi]のように表されるので、難しくないです。

そうなると問題なのは2番目の「調音点が変わるやつら」です。

調音点がかわるのは、歯茎を使う音でしたので、サ行、ザ行、タ行、ダ行、ナ行のイ段の音になります。つまり、「シジチヂニ」です。ただし、弾き音のラ行の「リ」はこれに当てはまらないです。調音点は変わりませんが、[ɾʲi]  と表します。これらの子音は、口蓋化により調音点が硬口蓋へずれるため、歯茎から歯茎硬口蓋へと調音点が変わります。調音点が変わると、音の質もかなり異なるので、「j」の記号では表せず、全く異なる記号を使わなければなりません。それが僕が例外として扱った理由です。この記号の意味がわからず、さらに頻出するため、挫折してしまったのです。

よって、この新しい記号をしっかり確認しながら、勉強すれば負担は減ると思います。

さて、具体的にみていくと、

・「ナヌネノ」は有声音、調音点は歯茎、調音法は鼻音でしたから、「ニ」も有声音で、調音点はズレによって歯茎硬口蓋に、調音法は変わらず鼻音となります。記号は[ɲi] となります。

・「サスセソ」は無声音、歯茎、摩擦音でした。よって「シ」は調音点のずれによって、無声音、歯茎硬口蓋、摩擦となり記号で、[ɕ]となります。cのような記号にくるんと丸くなっています。

そして、「ザズゼゾ」は少し大変でした。、こうなります。

・「ザズゼゾ」は、語頭か「ン」や「ッ」の後にない時、無声音、調音点は歯茎、調音法は摩擦音でしたから、「ジ」もその条件の時、無声音、調音点は歯茎硬口蓋へと変わり、調音法は変わらず摩擦音となります。記号は[ʑ]となります。[z]の最後がくるんと丸まっています。

・「ザズゼゾ」は、語頭か「ン」や「ッ」の後のとき、有声音、調音点は歯茎、調音法は破擦音でしたから、「ジ」も同じ条件の時、有声音、調音点は歯茎硬口蓋へとずれ、調音法は変わらず破擦音となります。記号は[dʑ]となります。これも先ほどと同様に最後が丸くなっています。

ダ行の「ヂ」は「ジ」と、「ヅ」は「ズ」と音は同じですから、上と同じ記号([ʑi][dʑi][zɯ][dzɯ])を使います。

最後はタ行ですが、タ行は例外で「チ」だけでなく、「ツ」も触れませんでした。先に結果からいうと「ツ」は無声音、調音点は歯茎、そして調音法は破擦音です。破擦音ですから、破裂音を表す t と摩擦音をあらわす s を組み合わせた[tsɯ]となります。「チ」は無声音、歯茎硬口蓋、破擦音になり、[tɕi]と表します。

タ行に関しては急に破擦音になって混乱してしまうかもしれません。

ただ、破裂音のまま「チ」と「ツ」を発音しようとすると「ティ」「トゥ」のような音になってしまいます。

実際に発音してみて違いを確認するといいと思います。

ちなみに

もしかしたら気付いた人もいるかもしれません。

高母音は「イ」と「ウ」の2つあるにもかかわらず、「イ」の口蓋化しか扱いませんでした。

「ウ」は影響はないのかと思ったかもしれません。

実は「ウ」段の音も口蓋化のように影響しています。これは中舌母音化と言いますが、これは省略されていることが多いため、

検定試験においては、書いていない参考書も多く、特に気にしなくてもいいかもしれません。

おわりに

今回は長くなってしまいましたが、簡単に言うと、イ段の音は、すこし他の音とは異なるということなので、特に調音点の異なる、「シチニジヂ」に気をつけましょう。

そして、口蓋化特有の新しい、見慣れない記号が出てくるので、しっかりわかるようにしましょう。

この調音点が変わる音のIPA表記は、すべて見慣れないような記号でした。僕が検定試験について何も知らない時にはじめて過去問を解いた時にかなりの確率で最初の問題に登場していて本当に訳がわからなかったのを覚えています。最初の仲間外れを見つける問題です。

さて、あと残すのは「ヒフ」の二つと「ン」です。

「ン」は少しボリュームがあるので、次回は軽めに「ヒフ」について見ていきたいと思います。

 

 

猪塚恵美子・猪塚元著(2018)『日本語の音声入門 解説と演習 全面改訂版』バベルプレス
ヒューマンアカデミー著(2018)『日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド 第4版4刷』SHOEISHA
最新情報をチェックしよう!