品詞〜まとめ〜

品詞のまとめです。

今までの記事を探しやすくするためにまとめのページを作ってみました。

このようなページがあると、記事を見つけやすいだけでなく、体系的にイメージを掴みやすい利点もあると考えています。

動詞

動詞は、「食べる」や「寝ます」のような品詞です。

日本語教育能力検定試験や実際に教師として日本語を教えるとなると、学校の国語で勉強では聞いたことのない動詞のグループ分けについて知っておかなければなりません。

グループ分けを中心に書いた記事がこちらです。

 

動詞

日本語を教えるとなると品詞というものが大切になってきます。 頻出の品詞やそうでない品詞もあるので、この際一気に押さえていきましょう。 今回は動詞についてみていきます。 日本語教育能力検定試験のみならず、初級の学習者に教える[…]

 

他にも動詞の種類についても書きたいのですが、まだ記事がないので、出来次第追加していきたいと思っています。

形容詞

形容詞は「おいしい」や「元気な」のような品詞です。

こちらも動詞と同様に形容詞の種類について性質による分類など、学校の国語の授業では聞くことのなかった分類があります。

そのような形容詞の種類と性質について書いた記事がこちらです。

 

形容詞

形容詞と聞くと、何を思い浮かべますか。 もしかしたら、日本語教育における形容詞を勉強すると、学校文法での形容詞と違いがありすぎてびっくりしてしまうかもしれません。 イ形容詞とナ形容詞 学校文法でしか勉強したことがない人は何じゃこり[…]

 

名詞

名詞は、「机」や「気持ち」のような品詞です。

名詞は種類がたくさんあり、それらを区別しておくと文法で役に立つことも多いです。

名詞の種類についての記事はこちらです。

 

名詞

今回は名詞です。 名詞は種類が多いです。 普通名詞、固有名詞、数量詞、代名詞、形式名詞に分けられます。 代名詞は説明が多くなるので、今回はさらっとだけ確認する程度です。 普通名詞 普通名詞は我々が一般にイメージする名詞[…]

 

副詞

副詞とは、「とても」や「どんどん」のような品詞です。

あまり知られていないかもしれませんが、副詞にも種類があり、それぞれをしっかりおさえておくことは日本語教育能力検定試験でも重要です。

副詞についての記事はこちらです。

 

副詞

今まで、動詞、形容詞、名詞と品詞の中では王道の品詞を扱ってきました。 今回は副詞です が、名詞・動詞・形容詞のようなの品詞と違って、意外とわかりにくい品詞だったりします。 ということで、「副詞って何?」ということから説明してい[…]

 

連体詞

連体詞は「あの」や「例の」のような品詞です。

具体例を聞くだけではイメージしにくいかもしれませんが、連体詞は非常にシンプルです。

ちょっと形容詞と重なる性質を持っているため、すこしわかりにくい品詞だと思います。

その連体詞と、形容詞との違いにも触れた記事がこちらです。

 

連体詞

今回は他の品詞と比べるとちょっとだけ影の薄い品詞を紹介します。 その名も、連体詞です。 そもそも連体詞って何? 連体詞とは名詞を修飾する品詞です。 種類は大まかに3つあり、 「ある、いわゆる、ふとした、ちょっとした」のよう[…]

 

接続詞と感動詞

接続詞は「しかし」「だから」のような品詞、感動詞は「まあ」や「おやおや」のような品詞です。

感動詞は書きたいことが多くなかったため、接続詞とまとめて1つにしました。

接続詞は細かく覚えようとすれば勉強量や労力も使ってしまいかねないので、核となるイメージを掴むことができればいいと思います。

似ている接続助詞との違いにも触れています。

 

接続詞と感動詞

今回は接続助詞と感動詞を同時に扱っていこうと思います。 あまり書くことがないからです。 しかし、少しだけ注意しておきたいところもあります。 どういったところか見ていきましょう。 接続詞とは 接続詞とは、語と語、節と節、[…]

 

助動詞

助動詞とは「〜そうだ」や「〜はずだ」のような品詞です。

こちらも接続詞と同様、助動詞の具体例やその用法について1つ1つ説明はしていませんが、全体のイメージが掴むことができればいいと思っています。

関連して、名詞が述語になった名詞述語文の種類についても説明しています。

こちらの記事が助動詞についてです。

 

助動詞

助動詞とは 助動詞という言葉を聞くと、英語を思い出す人も多いかもしれません。 can やmay を助動詞だと思い出すかもしれません。 基本的には同じようなものだと考えて良いと思いますが、違いもありますので、注意しておきましょう[…]

 

助詞

助詞は「〜で」や「〜が」のような品詞です。

こちらも同様に1つ1つ用法を見ていくことはしませんでしたが、それでも助詞は種類がたくさんあり、大変である上に、非常に大切な役割があり、確実におさえていきたい箇所です。

一番下の記事ですが、かなり上位の重要度があるとおもいます。

こちらが助詞の記事です。

 

助詞

今回で品詞の最終回です。 しかし、ラスボスが残っています。 おそらく苦手意識がある方も多いのではないでしょうか。助詞です。 私も苦手意識を持っています。現役教師でも完全に把握している人はかなり少ないのではと思います。 […]

 

最新情報をチェックしよう!

おすすめ・まとめ記事のいろいろな記事