五十音と音声⑤

今回扱うのは、ラ行とワ行です。ラ行はそれほど難しくはないので、ワ行が少し大変かもしれませんが、前回のヤ行と同様に勉強のコツのようなものを紹介しますので、ぜひ目を通してみてください。

それでは参りましょう!

ラ行

ラ行は「ラリルレロ」すべてまとめて扱います。

ラ行の子音はすべて有声音、調音点は歯茎、そして調音法は弾き音となります。

弾き音は初めての登場ですが、これはラ行だけの特徴ですから、混乱することはないと思います。

弾き音で調音点が歯茎なので、歯茎の位置に舌先を当てます、その下を一回弾くことで音を出します。試しに何度か「ラララー」と言ってみましょう。

そうなってくると、有声音、歯茎、破裂音との違いが少し気になりますが、結局は口の中に空気が溜まるかどうかの違いです。大きく息を吸って少し長い間、「あー」と言いましょう。その息を吐き続け「あー」と言い続けながら、「タ」と「ラ」をそれぞれ言ってみましょう。「ラ」は息を吐き続けながら言えたと思いますが、「タ」は息を一瞬止めないと言えなかったと思います。

そしてラ行のIPAは

[ɾa ɾi ɾɯ ɾe ɾo] です。

今までのようにローマ字でも表記が同じなら良かったんですが、ラ行の子音は残念ながら、少し異なります。一見すると、Rの小文字のように見えますが、違います。拡大してみましょう。

「ɾ  」です。 ちなみに 「r」 がR(アール)の小文字です。

似ているので気をつけましょう。

ワ行

ワ行は「ワヲン」の3つを現代では使います。しかし、今回扱うのは「ワ」のみになります。

というのは、「を」は「うぉ」と言わないように、音声上「オ」と同じになります。「ン」はかなり特殊な音になるので今回は扱えません。

その「ワ」の子音は、有声音、調音点は軟口蓋、そして調音法は半母音(接近音)です。

ヤ行に続いて半母音が登場しましたね。ヤの時とは違い調音法は同じですが、こちらは調音点は軟口蓋であることが違いです。

IPAもヤ行もローマ字のようにいきませんでしたが、ワもローマ字のように「wa」になりません。ワは [ɰa] です。

小文字の「w」が丸くなり、一番右に棒が下に突き出ています。

ヤ行とワの調音点について

突然ですが、ヤ行とワの調音点がわかりにくいのか。ヤ行の調音点は硬口蓋でした、ワの調音点は軟口蓋でした。正直な話、硬口蓋や軟口蓋って実際発音してもどこだかわかりにくいと思います。カ行、ガ行も軟口蓋でしたが、破裂音のお陰でわかりやすくはあります。

この三角形の図を覚えていますか。母音の勉強をした時に使いました。そこでは触れませんでしたが、イとウは高母音で舌の盛り上がりが高い位置にきます。

その舌がどこで盛り上がるかが大切になります。イは前舌母音で中舌が硬口蓋で、ウは後舌母音でした。

そして実は前舌母音とは中舌面が硬口蓋に、後舌母音とは後舌面が軟口蓋に盛り上がることなんです。

このことが頭に入っていれば次のことがわかります。

半母音は、母音が子音のような働きをすることだったので、ヤはイアと何回も繰り返すとヤになり、ウとアを何回も繰り返すとワの音になります。そのため、連続する母音の初めの母音である、イとウに影響されて調音点がそれぞれ硬口蓋、軟口蓋になるわけです。

丁寧に言うと、「ヤ」と言う時、一瞬「イ」そして流れるように「ア」と言いますが、半母音なので、「イ」が子音の役割をします。その「イ」は中舌面が硬口蓋で盛り上がるため、それによって「ヤ」の調音点が硬口蓋になると言うことです。「ワ」も同様に考えます。

ちなみにこのイとウ発音する時、それぞれ舌の盛り上がりの位置は大切なので是非押さえておきましょう。あとで、口蓋化や中舌母音化というものを扱いますが、その時に大切です。

まとめ

ラ行・・・有声音、調音点は歯茎、調音法は弾き音。[ɾa ɾi ɾɯ ɾe ɾo]

ワ・・・有声音、調音点は軟口蓋、調音法は半母音または接近音。[ɰa]

おわりに

ヤ行とワの仕組みを説明してみました。難しいですが、これをなんとなくでも理解できれば、暗記に頼る必要もなく、脳の負担の節約ができます。もちろん小難しいことが苦手な方は暗記をするのも手ですが、年一度しか実施されない検定に0か100のギャンブルはなかなか勇気がいります。理解をしておけば、自分で答えは導けるので、個人的にオススメです。

今日までに制覇した文字たちです。あともう2歩くらいのところまで来ています。

 

 

猪塚恵美子・猪塚元著(2018)『日本語の音声入門 解説と演習 全面改訂版』バベルプレス
ヒューマンアカデミー著(2018)『日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド 第4版4刷』SHOEISHA
最新情報をチェックしよう!